Valentino Rossi

ItalyItaly

バレンティーノ・ロッシ

彼はライダー仲間やたくさんのファンから、GOAT(The Greatest Of All Time―常に素晴らしい)と呼ばれていて、その称号にふさわしい人である。MotoGP、そしてモータースポーツ全体でも史上最高のヒーローであり、文句なしのレジェンドであるバレンティーノ•ロッシは、過去のレースのレジェンドたちから栄誉を受け、バイクの能力だけでなく、この競技に自らがもたらしている彩りや絶対的なエンターテイメント性も示している。

この35歳の選手は、9回のワールドチャンピオンのタイトルを獲得し、現時点で106のレースで勝利を収めており、2位になった回数は数えきれない。

2013年、バレンティーノ・ロッシは、モンスターエナジーがスポンサーを務めるヤマハチームに復帰し、伝説のチーフクルーである、ジェレミー・バージェスとの連携によって、MotoGPのタイトルを4つ獲得した。昔のロッシの姿を垣間見せ、6度の表彰台と6月のアッセンでの優勝を獲得して、その年のシリーズを4位で終えた。

彼が長年見出しを独占してきた理由を知るのは簡単だ。このドクターは、優れたレースの才能のほかに、ユーモアと演出を加える才覚を持ち合わせているからである。良いときも悪いときもファンと素晴らしい絆で結ばれており、特別観覧席の前はもちろん、パドックでも最後までファンサービスに応えることも多いので、彼のガレージの裏は包囲攻撃に遭っているかのようになる。

トラックの上では、バレンティーノのバイクの才能が倫理や見解に逆らうことが多々ある。バイクとたわむれることで、後についてこようとしてくる対戦相手を困惑させ、ひいては苦しめるテクニックを生み出したが、それは多くの人を魅了する派手なフィニッシュだった。ロッシは他に何もなかったときに際立った専門的技能を生み出し、それを立派にやってのけてきた。

バレンティーノは2輪でのサーカスに距離を置き、4輪レースへの情熱を示した。フェラーリのF1テストを何度か受けて、その能力を世界ラリー選手権に活用し、最近ではモンツァ・ラリー・ショーで複数の勝利を手にしてスターになった。

2014年には再びヤマハに戻った。そして、優勝者の座を手に入れるために戦っている若き大物達よりも実力が上であることを見せつけている。

フォロー Valentino Rossi
  • 全ての記事
  • ニュース
  • ギャラリー
  • ビデオ
グローバル投稿 ON